飽きっぽい性格は治る?

世の中、色々な人がいますが、「飽きっぽい人」
っていますよね。

もし、あなたが、何か手を付けても、
すぐに諦めてしまう、とか、心当たりがあるなら
ぜひ、読み進めてください。

飽きっぽいままだと、投資で成功することは
できないので。

「私は何をやるにしても飽きっぽい性格で、
すぐにやる気を失ってしまいます・・・」

という教え子がいます。

「投資を始めようと思い、買ってきたテキストを
机の上に積んだまま、まだ開いていない。本当に
私は飽きっぽい性格なんです」

「健康のために、スポーツクラブに入会したけど
飽きっぽい性格なので3日でやる気を失い、
今は幽霊会員のままなんです」

という人がいます。

(私も昔は飽きっぽい性格だしたが^^)

このように「飽きっぽい性格」を言い訳にしている限り、
このタイプの人は、何事も長続きせずに途中で諦めて、
挫折すすることになります。

おそらく、このタイプの人は、「自分の飽きっぽい性格は
永遠に変えることが出来ない」と思い込んでいるんですよね。

でも、ここで最も大切なことは、

「性格は自分次第で変えることが出来る」

という事を自覚することです。

人の性格は、普段の行動習慣と考え方の
クセの積み重ねでできています。

つまり、普段の行動習慣や考え方のクセを変えるだけで
性格も変えることが出来ます。

● 行動習慣を変える
● 考え方のクセを変える

この2つを心がけることによって、
飽きっぽい性格に自分を抜け出して、何事もやる気満々
の自分に埋めれ変わることが出来るんです。

自分が飽き性だという人は大抵これまでに、
「何か始めては放り投げる」という行動を何度も
繰り返してきていると、お思います。

なぜなら、それは行動習慣として、
身についているからです。

また、何をするにしても、

「どうせ自分に長続きするはずがない」

と思い込んでいます。

そういう考え方がクセになっているんですね。

これでは、実際何を始めるにしても、
やる気が長続きするはずがありません。

投資をする気になっても、

「どうせ自分に長続きするはずがない」

という考え方の癖が出てきて、
途中で挫折する事になるのです。

それでは、私も飽きっぽさを克服した、
やる気を持続させるコツを2つほど
お教えしましょう。

あなたが、もし飽き性なら、あなたに身についている、
「行動習慣」と「考え方のクセ」を変えることです。

そのための方法として、何はともあれ、

「10日間は必ず頑張って続ける」

これを心がけてください。

裁定取引の勉強をすることも、取引ツールでサヤを
抽出することも、最初は大変かもしれません。

しかし、10日間頑張れば、精神的にも、
体力的にも少し楽になってきます。

その段階で、

「これからまた、10日間頑張ってみよう」

と考えるのです。

いいですか?

とても、重要なのでもう一度繰り返します。

何か始めた時は、

まず最初に、「10日間頑張ってみよう」

と心がけます。

そして、10日後に、

「これからまた、10日間頑張ってみよう」

という風に繰り返してみましょう。

精神的にも体力的にもさらに楽になり、
抵抗感なく続けていけるようになります。

このように、10日間という期間を設けて、
その期間を段階的に積み重ねていくことによって
「始めたことを、長く続けていく」という、
新たな行動習慣が身に付きます。

それに従い、「どうせ自分に長続きするはずがない」
という考え方のクセも改められ、「自分が粘り強く
物事を続けていける」という自分が生まれてきます。

一つの事を淡々と繰り返すのは、飽きっぽい人に限らず
難しいことです。非常に難しいテーマでしたが、
すぐに、改善や効果を望まず、長い目でゆっくりと
改善していくことをお勧めいたします。

あなたが、もし「改善したい」と考えて「行動」
しているだけで、もう、50%以上はクリアしていると
言えますので。

それでは、今日はこの辺で。

コメントを残す