恐怖から逃げずに目標にフォーカス

成功者と呼ばれる人たちには、ある「共通点」があります。
彼らに共通しているもの。

それは・・・・

「恐怖心が小さい(又は無い)」ことです。

私たち人間の行動は、恐怖心が発端となって、
前に進めないときがあります。

たとえば、投資の場合。

一度大きく失敗してしまうと、その失敗が脳裏を過ぎり、
新規の取引の際にとてつもない「恐怖」を感じることがあります。

このように、マイナスの感情による行動は、
恐怖心が起こすものと言えます。

怒り、焦り、不安、悲しみ、苦しみ・・・

ただ、このような感情から起こる「行動」は、
恐怖心を紛らわせたり、恐怖心から逃れるために
取るものです。

なぜなら、相手や現実に恐れを抱き、それをごまかすために
怒ったり、焦ったりし、大切なものを失う恐怖のため悲しんだり、
苦しんだり、これらの感情に操られて人は行動を起こします。

多くの人はこの「恐れ」から発する感情によって操られ、
振り回されているので、自分が思う様な人生を送る事が
できません。

実は「恐怖心」は、私たちの「DNA」の中に
すでに組み込まれている?

原始時代・・・

原始時代、人間の周りにはとても多くの危険が潜んでいました。
この時代は、肉食系の猛獣や毒を持った虫、常に命が危険に晒されていました。

でも、人類は賢い生き物で、子孫を反映させるために、
いかに自分たちの「命」を守るか、ということを考えてきたのです。

その「命」を守るために最も必要だったことは、

「危険回避能力」でした。
=============

人は、恐怖心があるからこそ、危険から身を守ることができます。
そう、実は「恐怖」とは、人間が生きていくため、成功するためには
なくてはならない能力なんです。

しかし、「危険回避能力」には、
難点があります。

それは「変化を嫌う」ということです。

何かを始めようとする時、何かが起こったとき、
「危険回避能力」によって、心にブレーキをかけてしまうんです。

なぜなら、何かを始めようとする時は、今まで経験したこと無い
領域に足を踏み出すわけですから。

そして、その先には「危険が待ち構えている」と、
DNAに組み込まれている「危険回避能力」が発動してしまうのです。

ここからが最も重要ですので、
ようく聞いてください。

「危険回避能力」によって、勿論、大きな失敗や、
ダメージを抑制することができますが、今以上の前進を
望むことができないのです。

では、成功者はどのように「恐怖」を抑制しているのか・・・

それは、「目標にフォーカス」している、
ということです。

つまり、その目標を達成すれば、その先には
成功というゴールがあることを知っているんです

また、成功者はこう言います。

「恐怖がない目標なんて成功しない」と・・・

一体この自信はどこから来るの?
って思いますよね!

はい、ようく聞いてください。

成功者の「恐怖心」が極端に小さい理由は、

「リスクが少ない投資(ビジネス)を選択しているから」なんです。
=========================================

投資の達人は、この「リスクの少ない投資先(ビジネス)」を
見つけることができるので「恐怖心」が極端に小さいんです。

リスクの高い投資(ビジネス)をしていれば、当然ながら、
「恐怖」や「不安」がついて回ります。

ですが、恐れの心が小さくなればなる程、反対に自分を取り巻く状況
というのは見え始めてきます。(余裕ってやつです)

それを冷静に分析し、自分が必要とする変化を見極め取り入れていく、
それが成功し続けるための必要条件なのです。

人生を成功に導くためには、いかに恐れの心を
克服するかにかかっています。

人間誰しも恐れの心を持っています。

みんな怖いのです。

しかし、恐れてばかりでその場に留まり続けていては何も変わりません。

怖さを知った上で、自分の心の中にある恐怖心と闘う勇気を
持たなければならないのです。

自分を守るため、そして愛する人たちを守るため、
勇気を持って変化を受け入れていかねばならないのです。

そのためには、「その投資先(ビジネス)はリスクが少ないか」
を見極めることが、成功者への一番の近道かもしれません。

それでは、今日はこの辺で。

コメントを残す