小さな失敗を数多くする

あなたは、「失敗」を回避できていますか?

もし、「失敗」を回避できていないなら、
あなたの大事な財産である、

「将来のための貯蓄」、「大事な家族」のすべてが、
誰かに持ち去られる危険性が非常に高くなりますので、
ご注意ください。

でも、あなたが、貯金を守りたい、家族を守りたい、
と願うなら、今日のお話をよ~く聞いてください。

さて、メモの準備はいいですか?

幼い子どもが立って歩こうとするとき、
自転車に初めて乗るとき、失敗しても失敗しても
何度でも立ち上がろうとします。

そして、失敗を繰り返しつつも、やがては上手に歩き、
自転車に乗れるようになっていきますね。

何度も何度もチャレンジし、失敗するたびに、
何か新しいことを学び、成長することで手にしたもの
とも言えるんです。

「失敗 = 学び」

ってことですね。

ここまでは、なるほどな・・・

って納得していただけると思います。

でもね、

======================================
大人になってからの失敗って、全てが致命傷になる
恐れがあるんです!
======================================

なぜって?

だって、仕事で大きな失敗をすると、大半の会社は、
「即クビ」になっちゃいますから。

クビになると、再就職できずに貯金を食いつぶして、
挙句の果てには、家族も失うかもしれません。

冒頭でお話した通り、あなたの大事な「将来のための貯蓄」
「大事な家族」のすべてを一瞬で失いかねません。

「そう、大人になってからの失敗は絶対に許されないんです!」

いいですか~

で、他には「投資」。

投資で失敗すると、躍起になって全財産を失いかねないし、
大損がきっかけで、家族崩壊なんて話はよく聞きます。

負け分を取り返すのに相当の時間を費やすことになるし、
家族が戻ってくる保証なんて何処にもありません。

では、どうやって「失敗」を回避できるのか?

ということですが、失敗を回避する最も友好的な手段を、
あなたにシェアしましょう。

はい、大きな字で書いてください。

「ミスが起こった時の背景を事前に考える習慣を身に付けよう」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

どういうことかと言うと、この仕事(作業)をミスったら
会社にどのくらいの影響(損害)を与えるのか、

という、「事前に考える思考」が大切なんです。

例えば、うちの会社で最も重要な業務は、

「単価の高い商品に関連する業務」です。

なので、高額商品に関連する業務をしている方は、
特に注意を払わなければなりません。

なぜなら、この注意を怠れば、会社を倒産させてしまう
恐れだってあるからです。

私が見てきた中では・・・

「伝達ミスで、1億円の仕事の納期が間に合わなかった」
「伝言の行き違いにより、伝達ミスで仕事を失注して、5,000万円の損失」

などなど、ほんの些細(小さな)「1つのミス」が大きな損失を
引き起こすケースもありました。

とても、大事なことなのでもう一度繰り返します。

もし、

「この仕事でミスったら会社にどういう影響(損害)を及ぼすのか?」
「この仕事をミスったら誰に迷惑を掛けるのか?」

ということを、普段からしっかりと
頭の中に入れておきましょう。

それでは、今日はこの辺で。

コメントを残す