金の卵を産むニワトリの話

 

あなたは、「資産」と「財産」の違いを、
10秒以内に説明できますか?

 

・・・

 

はい、10秒たちました。

資産と財産・・・

似ているようで実は、まったく違います。

今日は、「資産」と「財産」の違いについて
しっかり復習しておきましょう!

「資産」とは、自分が所有する資産、または1年以内に現金化
できる資産の事を言います。

例えば、

● お金
● 相続で得た土地とか家
● 金とか銀
● 骨董品
● 激レアコレクション
● 高級時計
● 高級バック

「財産」とは、経済的な価値のあるもののことを言います。
つまり、形が無い物ですが、資産を生み出すものです。

例えば、

● 健康
● 経験
● スキル
● 家族
● 友情
● 人間関係

ここから、今日のメインテーマなのですが、

「資産と財産を先に手にすべきなのは、どっちなのか?」

あなたは、どちらだと思いますか?

私の中での結論は迷わず「財産」が先だと思います。

ご両親が資産家で相続する人というのもいるでしょうが、
それでも、それは、自らの財産ではないため、
その場合でも「財産」が優先します。

なぜなら、「財産」が「資産」を生んでいくからです。

例えば、金の卵と金の卵を産むニワトリ。

この場合、

金の卵 = 「資産」

金の卵を産むニワトリ = 「財産」

と言えば、イメージが付きやすいでしょうか。

金の卵(資産)は二度と手に入らないかもしれませんが、
金の卵を産むニワトリ(財産)は、ずっと、
金の卵を生み続けてくれますよね。

世の中のほとんどの人が、実は、ここを誤解しています。

どういうことかといいますと、誰しもお金・家などの
「資産」を欲しがります。これは、例外なく、あなたもそうだと
思います。

ですが、その「資産」を得るためには、最も必要なことは
「資産」をつくれるだけの「財産」をつくる事なわけです。

「資産」の方ばかりに心奪われ、本当に肝心な
「財産」を創り上げていく事が疎かになっています。

なので、結局、「資産」が手に入らない・・・。

もしくは、「資産」だけに執着し、時に人をダマシたりして、
肝心の「財産」を犠牲にしてでも、「資産」を得ようとするわけです。

ですが、そんなことで「資産」を得たとしても、
ほんの一時期であります。

なぜなら、信用や仲間という「財産」を失っているからです。

もっとシンプルに言うと、今あなたの周りにある形ある物が
仮に全て無くなったとしても残っているもの・・・

それがあなたの貴重な「財産」です。

その貴重な「財産」を大事にすると共に、積み重ね築き上げることが
やがて、本物の「資産」を手にしていくのだと思います。

ある記者が、世界一の投資家ウォーレン・バフェットさんに
こんな質問をしました。

記者・・・「どこに投資をすれば大きなリターンが
得られるでしょうか?」

バフェットさん・・・「どんなに深刻な不況の中でも、
最良の投資対象があります。」

 

・・・

 

バフェットさん・・・「それは、自分自身です。
自己投資は生涯にわたって、投資のリターンがとれます。
それも、機会があれば、一流のものがいいでしょう。」

「最良の投資対象は自分」

と考えている人には、1つの共通点があります。

それは「成功者」であるということ。

それも勉強に多くの自己投資をしています。

スキルや知識の修得のための勉強だけでなく、
「経験」や「人脈」の蓄積にも投資を惜しみません。

それでは、今日はこの辺で。